厚生年金基金に加入しているから安心な時代は終わった

厚生年金基金について[財務・会計・経理]

厚生年金基金に加入している会社に入社しました。
今回の給与で健康保険料と厚生年金は引かれていませんが
厚生年金基金だけ引かれています。 保険料は当月分を翌月控除…

なんということだ。
厚生年金基金に加入しているから安心な時代は終わったようだ。

先の社会保険庁という
優秀な人材をたくさん抱えていた組織の崩壊。

今回は、そこから天下りした人たちが、
企業の積立資金を食いつぶす。

少しずつ明らかになってきた、運用の実態。
加入者から預かった資産を
運用するということは、
資産を増やすということ。

当然、景気の波を受けて、
また新たな投資先の不調で、
運用益が出ないこともあるだろう。

しかし、元本がなくなることは、
背信行為ではないか。
どうなっているんだ、日本の金融機関は。

経営者、関係者に、反省の様子はない。
こういう人の豊な生活を支えるために、
加入者は、せっせと資金をあずけていたなんて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする