エンジェルは私の守護神

エンジェルは守護神だったんですね。

斉藤一人さんの話を聞いていたら、
次のような一コマがありました。

人には皆、守護神がいて、あなたを見守っています。
外国では、エンジェルというらしい。

そういえば、羽の生えたエンジェルが飛んでいますね。

日本では、守護神のことを、お陰様ともいうようです。

謙虚な表現ですね。
最近は、あまり聞かなくなりましたが、
「お陰様で」という言葉を作った人は、
東西を問わず、同じ様な体験や考え方を持っていたのでしょうか。

それとも、
苦しい中で生き抜くために得た知恵は、共通だったんでしょうか。
不思議ですね。

斉藤一人さんがいいます、
「信じられないかもしれないけど」

しかし、古い言葉に、
「信じるものは救われまっせ」

信じるか、信じないかは程度の違いも大きいでしょう。
まずは、やれるだけのことは、やてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする